元東電取締役らに起訴議決!

2015年7月31日

脱原発弁護団全国連絡会の共同代表である河合弘之、海渡雄一も代理人を務めている福島原発告訴団の元東電取締役らの業務上過失致死傷事件。

本日、東京第五検察審査会より、被疑者勝俣、武黒、武黒ら3人について、起訴をすべき旨の議決(起訴議決)が出されました。

詳細は福島原発告訴団のサイトをご覧ください。(議決の要旨はこのサイトの下にもアップしています)

 

SH380608河合弘之弁護士と「市民の正義」「強制起訴」の旗だしをする武藤類子団長、海渡雄一弁護士(東京地方裁判所前)

起訴議決の要旨(pdf)*2017/09/21リンク更新

 

 

 

同じカテゴリの記事

2019年3月21日
判例時報:伊方原発訴訟のいま──火山巨大噴火の危険性と避難計画の不合理性を認めながら再稼働を認容と週刊金曜日:樋口英明元裁判官「脱原発裁判を考える-原発はなぜ危険なのか」
2019年3月20日
3月28日 大飯原発の稼働の是非について大阪地裁が判断
2019年3月4日
3月15日午前11時伊方原発の運転について山口地裁岩国支部が判断