10月の原発裁判 本日発売の週刊金曜日

2021年9月24日

本日発売の週刊金曜日(9月24日号)に「みんなで傍聴10月の原発裁判」が掲載されました。

本誌では、9月14日に行われた大間原発建設差止等請求訴訟の控訴審口頭弁論期日(札幌高裁)について、「実行可能な避難計画の不備と立地不適を主張」を報告しています。

札幌高裁へ入廷行進する控訴人ら。

また、【金曜ジャーナリズム塾】では、東京新聞・片山夏子記者の「原発作業員の顔が想像できるよう、現場に通い続ける」、Tansaとの提携連載企画「双葉病院置き去り事件」は、それぞれ原発被害の実相に迫る記事です。

※アイキャッチ画像は先週号です。

同じカテゴリの記事

2021年10月20日
3・11後の原発差止を認めた裁判
2021年9月24日
10月の原発裁判 本日発売の週刊金曜日
2021年9月23日
司法における闘いを通じて脱原発を実現する