新刊:南海トラフ巨大地震でも原発は大丈夫と言う人びと

2023年7月24日

樋口英明元裁判長の新刊『南海トラフ巨大地震でも原発は大丈夫と言う人びと』が発売されました。

樋口さんは述べています。原発や地震、裁判のことは難しいだろうな、という「先入観」を捨ててください、原発の問題はとてもシンプルなのですと。そして問いかけます。「耐震性の低い原発でも構わないですか」

南海トラフ巨大地震は、「西日本大震災」と表現すると、その被害規模もイメージしやすいのではないでしょうか。その想定震源域に、四国電力伊方原子力発電所、中部電力浜岡原子力発電所があり、伊方原発は稼働しています。

先入観を捨てて、多くの方に読んでいただければと思います。

以下、出版社のサイトよりご紹介いたします。


内容

原発問題を脇に置いた防災論議も国防論議も空理空論です!

「南海トラフ地震が伊方原発を直撃しても伊方原発の敷地には181ガル(震度5弱相当)の揺れしか来ない」
あなたはそれを信じますか?


大飯原発運転差止めの判決を言い渡した当時の裁判長が、最新の地震観測結果、科学的知見から明らかな原発の危険性をもとに、必ず起こる南海トラフ巨大地震でも伊方原発は安全だという四国電力の主張、それを認めた広島高裁判決の問題点を語る。

広島高裁の決定は、南海トラフ地震の危険性を全く無視するような極めて不当な内容でした。「どうせ、国民には判決の内容は理解できないだろう」と思っているのです。それに対して皆さんに「国民を見くびるな!」と声を上げて欲しいのです.その声が、本分を忘れてしまった裁判官を初心に立ち戻らせる力となるかもしれません。そしてその声は、間違いなく、本分を尽くそうとしている裁判官を支える大きな力となります。
(「あとがき」より)

◎おもな目次

第1章 原発の本質とわが国の原発の問題点
 1 原発の本質/2 わが国の原発の問題点
第2章 南海トラフ地震181ガル(震度五弱)問題
 1 問題の所在/2 伊方原発新規仮処分について/3 新規仮処分広島高裁決定について/4 裁判官はなぜかくも不公平で無責任なのか
第3章 原発回帰と敵基地攻撃能力
 1 原発回帰/2 敵基地攻撃能力/3 法治主義と法の支配
いま私たちが問われていること

同じカテゴリの記事

2024年5月8日
5月15日 広島高裁松江支部が島根原発2号機運転差止について判断
2024年4月26日
5月の原発裁判 本日発売の週刊金曜日
2024年4月1日
4月の原発裁判 発売中の週刊金曜日