映画「原発をとめた裁判官 そして原発をとめる農家たち」

2022年5月6日

映画『原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち』のご案内です。

脱原発弁護団全国連絡会共同代表である河合弘之弁護士が企画し、映画『日本と原発』『日本と原発 4年後』『日本と再生』のスタッフが結集しました。

大飯原発の運転差止判決、高浜原発運転差止仮処分決定の判断を示した元福井地方裁判長の樋口英明さん。退官後は、いかに原子力発電所が危険か、ご自身の判断を踏まえ、地震大国日本で原発を稼働することの危険をわかりやすくお話しされています。映画では、樋口さんの講演などから地震にもろい原発の危険を可視化し、いわゆる「樋口理論」を実践した二つの裁判:東京地裁係属中の宗教者核燃裁判の地裁前や報告集会、伊方新規仮処分(現在広島高裁係属)の決定期日を迫ります。

裁判と両輪で描かれているのは、福島原発事故で生活の根幹を奪われた農家のみなさまの再生可能エネルギーによる取り組みです。農地上で太陽光発電するソーラーシェアリングによる農業復活の道が丁寧に描かれます。

予告編もご覧いただけます。

私たち「脱原発弁護団全国連絡会の全体会議」の映像も流れます。懐かしい面々も。詳細はウェブサイト:映画『原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち』をご覧ください。

東京では9月にポレポレ東中野で公開されます。上映館をもっと増やしていけるように、ぜひ、周りの方に広めてくださいますよう、お願いいたします。

▼Twitter
https://twitter.com/saibancho_movie

▼Facebook
https://www.facebook.com/saibancho2022

▼監督日記も始まりました

https://note.com/obara_0324/

★クラウドファンディングが4月26日(火)00:00から始まりました。
https://motion-gallery.net/projects/saibancho-movie

同じカテゴリの記事

2022年5月31日
泊原発運転差止認める!
2022年5月27日
6月の原発裁判 本日発売週刊金曜日
2022年5月23日
5月31日札幌地裁が泊原発の廃炉等請求について判断 係争中の原発裁判