3月10日名古屋地裁が高浜原発の停止命令義務付け判断

2022年3月3日

来週3月10日15時、関西電力高浜原発3、4号機の停止命令義務付けを求めた訴訟について、名古屋地方裁判所民事第9部(日置朋弘裁判長)が判断を示します。

この裁判は、高浜原発3、4号機は基準不適合であるとして、裁判所に対し、運転停止命令の義務付けを求めた裁判です。

2015年2月、原子力規制員会(規制委)は、高浜原発3,4号機が新規制基準に適合していると判断しました。しかし、再稼働後の2019年6月、知見の見落としがあることが判明し、基準不適合として、規制委は関電に、あらためて設置変更許可申請を求めるバックフィット命令を出しました。しかし、運転停止命令は出しませんでした。

3・11福島第一原発事故、東日本大震災の教訓として、バックフィット制度が採用されました。基準の変更や知見の変更により、最新の基準に適合していなければ、その安全対策がなされるまで、原発の停止や安全対策を求める制度です。福島第一原発が過酷事故を起こした要因は、最新の基準に適合していなくても、安全対策が完了していなくても、運転を許していた点にありました(事業者の自主的な「バックチェック」でよいとしていました)。

また、規制委が関電に対して、上述のバックフィットは命じても運転停止は命じないとの方針の決定の直前、秘密会議を行い、事実上の方針を決めていたことが毎日新聞によってスクープ報道されました。

【動画】原子力規制委 更田委員長の「虚偽説明」明白に 事前会議の音声記録入手

更田委員長が虚偽説明--原子力規制委の事前会議問題(週刊金曜日オンライン)

12月の結審についての報告記事はこちらです。

名古屋バックフィット訴訟が結審 3月10日に判決(週刊金曜日オンライン)

審理の詳細、提出書面などは、原発バックフィット・停止義務づけ訴訟をご覧ください。

3月10日(木)午後3時、名古屋地方裁判所1号法廷です。

傍聴券配布情報:名古屋高地裁合同庁舎北玄関前〈抽選〉傍聴整理券を交付します。交付開始時刻は午後2時20分頃,交付締切時刻は午後2時30分です。傍聴整理券の交付を受けた方を対象に抽選を行います。(名古屋地裁サイト掲載)3/10更新

裁判所の判断をご注目ください。

13:50~裁判所前集会・入廷行進。

 

同じカテゴリの記事

2022年5月31日
泊原発運転差止認める!
2022年5月27日
6月の原発裁判 本日発売週刊金曜日
2022年5月23日
5月31日札幌地裁が泊原発の廃炉等請求について判断 係争中の原発裁判