7月の原発裁判 発売中の週刊金曜日

2021年6月28日

発売中の週刊金曜日(6月25日号)に「みんなで傍聴7月の原発裁判」が掲載されました。下記が漏れておりましたので、お詫びして加筆いたします。

7月29日(木)新潟地裁 15:00 柏崎刈羽原発運転差し止め請求訴訟 第33回口頭弁論期日 原告意見陳述、弁論更新に伴いこれまでの主張の概要説明、ID不正入室・不正侵入防止装置機能喪失・安全工事未完了により再び明らかになった被告の資質欠如についての主張、東海第二原発訴訟判決の説明。終了後報告集会(新潟県弁護士会館)

本誌では、6月4日の関電株主代表訴訟の口頭弁論期日について、「関電原発マネー不正還流問題 億単位の不祥事は監査役らの義務違反」、6月21日の美浜原発3号機の仮の差止の申立てについて「老朽美浜3号機運転禁止仮処分 運転40年超で再稼働する老朽原発派より危険」を報告しています。また、週刊金曜日の年間企画、3.11から10年〈見えない化〉に抗う第6回「福島第一原発 被ばく労働」も必読です。

同じカテゴリの記事

2021年10月20日
3・11後の原発差止を認めた裁判
2021年9月24日
10月の原発裁判 本日発売の週刊金曜日
2021年9月23日
司法における闘いを通じて脱原発を実現する