速報:大阪地裁 大飯原発の差止めを認めず

2019年3月28日

本日、大飯原発運転差止仮処分申請について、大阪地裁第1民事部(北川清裁判長、谷口哲也裁判官、田中いゑ奈裁判官)は、住民の申立を退けました。原発過酷事故の被害の大きさに向き合うことなく、つじつまさえ合えば不合理ではないとする極めて不当な判断と言わざるを得ません。

大阪地裁前で「司法は恥じよ!」の旗を掲げる申立人。

大飯仮処分決定要旨

大飯仮処分決定本文(債権者略)

同じカテゴリの記事

2019年3月28日
速報:大阪地裁 大飯原発の差止めを認めず
2019年3月25日
係争中の原発裁判
2019年3月21日
判例時報:伊方原発訴訟のいま──火山巨大噴火の危険性と避難計画の不合理性を認めながら再稼働を認容と週刊金曜日:樋口英明元裁判官「脱原発裁判を考える-原発はなぜ危険なのか」