7月10日玄海仮処分即時抗告審決定文交付!

2019年6月26日

本日、福岡高等裁判所より玄海原発3・4号機再稼働仮処分の即時抗告審についての決定文を、7月10日に交付すると連絡を受けました。

玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会より、ご案内いたします。。


【7月10日 玄海仮処分抗告審決定文交付 福岡高裁にお集りください】

本日、福岡高等裁判所(山之内紀行裁判長、川崎聡子裁判官、矢崎豊裁判官)より、7月10日に玄海原発3・4号機再稼働仮処分抗告審の決定が交付されると連絡を受けました。
この仮処分は、福島原発事故直後の2011年7月7日、玄海原発2・3号機の再稼働への動きに危機感をもった私たち市民が急遽申立をしたものです。その後、新規制基準の下で3・4号機が申請されたことを受け、2号機を取り下げ、4号機の追加申し立てをし、3・4号機仮処分となりました。

一審で、佐賀地裁立川毅裁判長は、九州電力の主張を認め「運転により重大な被害が生じる具体的な危険が存在 するとは認められない」と不当決定を言い渡しました。それを受けて即時抗告し、今日まで約8年間闘ってきた裁判です。

原発を止めるために長い間闘ってきた皆さんとともに決定を受け止めたいと思います。
お友達などお誘いあわせの上、ぜひ福岡高裁前にお集まりくださいますようお願いいたします。

 ★7月10日(水) 福岡高等裁判所(福岡市中央区六本松4-2-4)
    13:00 高裁前集合
    14:00 決定交付
         門前に て旗出し

    New 記者会見、報告集会の会場が決まりました
   15:00 記者会見 福岡県弁護士会館301会議室(裁判所隣接)
   16:00過ぎ 報告集会 草ヶ江公民館講堂(裁判所から徒歩5分:六本松1-11-1)

※これまでの経過など→
https://saga-genkai.jimdo.com/2019/06/26/a/

同じカテゴリの記事

2019年7月5日
震源を特定せず策定する地震動に関する検討チームの議論に対する意見
2019年6月28日
7月の原発裁判 本日発売の週刊金曜日
2019年6月26日
7月10日玄海仮処分即時抗告審決定文交付!