速報:不当判決!函館地裁大間原発請求棄却

2018年3月19日

本日、函館地方裁判所民事部(浅岡千香子裁判長、布施雄士裁判官、山田将之裁判官)は大間原発の建設の差止め請求を棄却しました。朝岡裁判長の、原子力規制委員会とは別に裁判所が判断するとの訴訟指揮の下、主張立証を尽くしてきました。にもかかわらず、大間原発の適合性審査に関しては、原子力規制委員会の審査が出る見通しがたっていないことを理由に、住民の訴えを直ちに認めない としました。審理判断を逃げた極めて不当な判決と言わざるを得ません。

報告集会の動画もアップしました。2018/03/20 13:12追記

函館地裁前(撮影:上澤千尋)

 

以下、順次アップします。

判決骨子pdf

判決要旨pdf

判決文1-71 判決文72-150 判決文151-274pdf)当事者目録、別紙除く

弁護団声明文 18:55誤記訂正

 

同じカテゴリの記事

2019年3月28日
速報:大阪地裁 大飯原発の差止めを認めず
2019年3月25日
係争中の原発裁判
2019年3月21日
判例時報:伊方原発訴訟のいま──火山巨大噴火の危険性と避難計画の不合理性を認めながら再稼働を認容と週刊金曜日:樋口英明元裁判官「脱原発裁判を考える-原発はなぜ危険なのか」