1月の原発裁判 発売中の週刊金曜日

2018年12月25日

発売中の週刊金曜日(12月21日/1月4日合併号)に1月の原発運転差止裁判等の口頭弁論期日が掲載されました。金曜日の公式サイトにも掲載されています。「みんなで傍聴1月の原発裁判」 ●みんなで傍聴原発裁判一覧

今年3月に大間原発建設差止等請求訴訟の不当判決(函館地裁)についての控訴審(札幌高裁)についての報告も掲載しています。本誌の憲法特集2019をはじめ沖縄・辺野古の土砂投入など、興味深い記事が満載です。年末年始にぜひお読みください。

12月17日、川内原発行訴の第10回口頭弁論期日が開かれました(福岡地裁、倉澤裁判長)。火山のみを争点とした、新規制基準下で初めての取消訴訟です。期日においては、弁護団からそれぞれ結審にあたっての意見陳述がなされました。この日で結審し、判決言渡しは来年6月17日11時と指定されました。火山問題についての規制基準の不合理、そして、新規制基準の審査における過誤欠落は明らかです。ご注目ください。書面等詳細は「さよなら原発!福岡&ひろば」内

福岡地裁前の門前集会。原告団事務局の青柳さん(右)と弁護団共同代表の海渡雄一弁護士。

記者会見を兼ねた報告集会。原告らからも熱心な質問が続いた。

 

同じカテゴリの記事

2019年3月21日
判例時報:伊方原発訴訟のいま──火山巨大噴火の危険性と避難計画の不合理性を認めながら再稼働を認容と週刊金曜日:樋口英明元裁判官「脱原発裁判を考える-原発はなぜ危険なのか」
2019年3月20日
3月28日 大飯原発の稼働の是非について大阪地裁が判断
2019年3月4日
3月15日午前11時伊方原発の運転について山口地裁岩国支部が判断