速報:伊方広島仮処分不当決定

2018年10月26日

本日、伊方原発運転差止仮処分申請について、広島地裁民事第4部(藤澤孝彦裁判長、伊藤昌代裁判官 、内村諭史裁判官)は、住民の請求を退けました。広島高裁異議審決定とも異なり、四国電力の主張をコピーしたあげく、司法としての判断を放棄した、極めて残念な判断と言わざるを得ません。逆に言えば、裁判所はこのような判断をせざるを得ないほど、追い詰められていると言っていいでしょう。

決定要旨 (pdfファイルが開きます)

決定正本(当事者目録略) (pdfファイルが開きます)

弁護団声明 アップしました  (pdfファイルが開きます)

広島地裁正門前。

同じカテゴリの記事

2019年3月21日
判例時報:伊方原発訴訟のいま──火山巨大噴火の危険性と避難計画の不合理性を認めながら再稼働を認容と週刊金曜日:樋口英明元裁判官「脱原発裁判を考える-原発はなぜ危険なのか」
2019年3月20日
3月28日 大飯原発の稼働の是非について大阪地裁が判断
2019年3月4日
3月15日午前11時伊方原発の運転について山口地裁岩国支部が判断