速報:不当判決!大飯控訴審判決

2018年7月4日

本日、名古屋高裁金沢支部(内藤正之裁判長、鳥飼晃嗣裁判官、能登謙太郎裁判官)は大飯原発3・4号機の運転差止め控訴審において、原判決を取り消し、住民側の請求を棄却しました。結論先にありきで、論理の流れも不合理で、法制度や政策選択に丸投げする、まるで統治行為論のような、自らの判断を放棄した、極めて不当な判決と言わざるを得ません。

裁判所前、判決言渡し直後。

判決要旨

判決(全文)一部マスキング (当事者目録等略)2018/07/05 1:42再アップ

 

同じカテゴリの記事

2019年3月21日
判例時報:伊方原発訴訟のいま──火山巨大噴火の危険性と避難計画の不合理性を認めながら再稼働を認容と週刊金曜日:樋口英明元裁判官「脱原発裁判を考える-原発はなぜ危険なのか」
2019年3月20日
3月28日 大飯原発の稼働の是非について大阪地裁が判断
2019年3月4日
3月15日午前11時伊方原発の運転について山口地裁岩国支部が判断