本日発売の週刊金曜日 5月の原発裁判

2017年4月28日

本日4月28日発売の週刊金曜日に5月の原発差止裁判等の口頭弁論期日が掲載されました。

金曜日の公式サイトにも掲載されています。

「みんなで傍聴 5月の原発裁判」


3月28日には大阪高裁は高浜原発の差し止め仮処分決定を取り消す決定、30日には広島地裁が伊方原発運転差し止め仮処分申請を却下しました。いずれも司法判断の放棄とも言うべき内容であり、極めて不当な決定です。大阪高裁決定に対しては、最高裁へ不服申し立てはせず、大津地裁で係属中の本訴で闘い続けます。4月25日の大津地裁での口頭弁論期日では、大阪高裁の決定に対する批判書面を提出しました。広島地裁決定については、4月13日に即時抗告の申し立てを行い、闘いは広島高裁に移ります。松山地裁係属の伊方原発の仮処分は、四電が書証を提出してきたため、住民側は反論の機会を求めました。裁判所の判断は5月末以降になると思われます。大分地裁係属の伊方原発仮処分は5月11日に、本訴の第4回口頭弁論期日の後に審尋期日を予定しています。

他方、本訴については、4月24日に、大飯原発差し止め訴訟・控訴審の口頭弁論期日において、元規制委員会委員長代理島崎邦彦氏の証人尋問が行われました。島崎さんは、法廷において、関西電力大飯原発の基準地震動は過小評価であり、適合性審査の許可されるべき原発ではないと断言されました。規制側にいた方が、しかも自らが出した許可について、このような証言をされたことは極めて重要です。関西電力は真摯に受け止めるべきですし、裁判所においても、きちんと判断していただきたいと思います。

4月24日大飯原発差し止め訴訟・控訴審口頭弁論期日(名古屋高裁金沢支部)。入廷する原告ら住民。この日は元規制委員会委員長代理島崎邦彦氏の証人尋問が行われた。

 ●みんなで傍聴原発裁判一覧

同じカテゴリの記事

2019年7月5日
震源を特定せず策定する地震動に関する検討チームの議論に対する意見
2019年6月28日
7月の原発裁判 本日発売の週刊金曜日
2019年6月26日
7月10日玄海仮処分即時抗告審決定文交付!