速報:不当決定(福岡高裁宮崎支部 川内原発仮処分即時抗告審)

2016年4月6日

本日、10時半、福岡高裁宮崎支部は、川内原発仮処分即時抗告の申し立てを棄却しました。

現在、弁護団で内容の検討作業を行っておりますが、住民側の主張を認めながら、棄却した、原発稼働ありきの極めて不当な決定です。

決定書1(PDFファイルが開きます)

決定書2(PDFファイルが開きます)

決定書3(PDFファイルが開きます)債権者名簿略

決定骨子  (PDFファイルが開きます)

決定要旨 (PDFファイルが開きます)*2017/9/7リンク更新

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 


 

裁判長裁判官 西川 知一郎

NISHIKAWA-J

『司法大観』より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    裁判官 下馬場 直志

    裁判官 秋元 健一

同じカテゴリの記事

2019年3月28日
速報:大阪地裁 大飯原発の差止めを認めず
2019年3月25日
係争中の原発裁判
2019年3月21日
判例時報:伊方原発訴訟のいま──火山巨大噴火の危険性と避難計画の不合理性を認めながら再稼働を認容と週刊金曜日:樋口英明元裁判官「脱原発裁判を考える-原発はなぜ危険なのか」