【4月14日14時決定】高浜原発差止仮処分事件

2015年4月9日

昨日の川内仮処分に続き、高浜の日時も決まりました。

弁護団・申立団では広く市民への呼びかけも行いますが、決定日時を早くお知らせしたく、プレスリリースを代わりに送ります。

よろしくお願いいたします。


 

2015年4月9日

報道関係者各位

高浜原発差止仮処分事件仮処分決定日と記者会見のご案内

昨年12月5日に福井県・関西地方に住む市民9名が福井地裁に申し立てた、大飯・高浜原発差止仮処分事件ですが、3月11日の審尋期日におい て、 高浜原発については審理を終了し、決定が出される旨みなさまにお知らせしてまいりました。
このたび決定の告知日時が決まりましたのでご案内申し上げます。

高浜原発3・4号機については2月12日に原子力規制委員会が合格証にあたる「審査書」を出しており、これらの原発が再稼働されるのは時間の 問題 という危険な状態にあります。
しかし、本件において仮処分決定が出た場合は、これらの原発を再稼働することはできなくなります。仮処分決定は、判決とは異なり、直ちに効力 を生 ずるからです。
この決定には日本中の国民・市民が期待を寄せており、当日は福井地裁に多くの市民が駆けつけます。
報道機関関係者の皆様におかれましては、司法が現実に原発を止めるというこの歴史的な裁判を多くの国民・市民に知っていただくために、取材・ 報道 いただきますよう、よろしくお願いいたします。

【本件仮処分申立ての経緯】
昨年5月21日に福井地裁が出した大飯原発差止判決は、福島第一原発事故の被害に正面から向き合い、全国の原発に当てはまる本質的な危険性を 認定 し、大飯原発3・4号機の運転差止めを命じたもので、多くの国民・市民に支持されています。現在、名古屋高裁金沢支部で控訴審が行われているとこ ろです。/しかし、関西電力は、この大飯原発差止判決を無視し、控訴審の結論を待つことなく大飯原発3・4号機と高浜原発3・4号機を再稼働 する ことを表明し、これらの原発の再稼働に向けての動きが着々と進められています。/このような世論と司法を無視する再稼働の動きを止めるべく、私た ちは、大飯原発差止判決を出した福井地裁に、通常の判決とは異なり、直ちに効力が生じる仮処分命令を求め、昨年12月5日に緊急に申立てを行 いま した。
(提出書面等詳細は仮処分の会サイトにも掲載 http://adieunpp.com/karisasitome.html

2015年4月14日(火)
14:00過ぎ 福井地裁前で弁護団、申立団が旗だしを行います。
15:00(予定) 記者会見・報告集会 決まり次第、ご連絡いたします。

大飯・高浜原発差止仮処分弁護団、申立人

同じカテゴリの記事

2019年11月13日
関電原発マネー不正環流を告発へ
2019年10月25日
11月の原発裁判 本日発売の週刊金曜日
2019年9月30日
10月の原発裁判 発売中の週刊金曜日