映画「日本と原発」大好評上映中

2015年2月6日

脱原発弁護団全国連絡会の共同代表の河合弘之弁護士の初監督作品映画「日本と原発」。上映と共に各地の裁判所で提出されていますが(※福島第一原発1,3号機の爆発シーンを除く)、昨日お伝えしたように、2月10日の松山地裁にて初めて法廷で上映されます。

映画の構成と監修を担当した海渡雄一弁護士は同じく脱原発弁護団全国連絡会の共同代表を務めておりますが、今朝、嬉しいことがありました。

映画を見たお客さまから、さくらが事務所に届けられたのです。

ちょうど、某原発訴訟の弁護団会議の直前。海渡弁護士より、ぜひ脱原発弁護団全国連絡会のHPに紹介してほしいとのご希望で、報告します。

海渡雄一弁護士

海渡雄一弁護士:原発裁判をしていて、こういうことはなかった。映画をやったからだね。ありがとう。

 

同じカテゴリの記事

2019年7月5日
震源を特定せず策定する地震動に関する検討チームの議論に対する意見
2019年6月28日
7月の原発裁判 本日発売の週刊金曜日
2019年6月26日
7月10日玄海仮処分即時抗告審決定文交付!