【書籍紹介】 「再生可能エネルギーが社会を変える 市民が起こしたドイツのエネルギー革命」

2013年3月22日

只野です。

千葉恒久弁護士の新刊、是非、お読みください。 「再生可能エネルギーが社会を変える 市民が起こしたドイツのエネルギー革命」 現代人文社、2100円

ドイツはなぜ原発0を決断できたのか その裏側(表側??)には、40年間に及ぶ再生可能エネルギーの着実な拡大が。 類書はいろいろありますが、長い間ドイツの動きをウオッチしてきた確かな視点 に基づいて、総合的に書かれています。 日本は、ドイツのモデルの後追いでいいのですから、課題の解決は難しくないはずです。

千葉恒久弁護士略歴 1962年生まれ 1986年京都大学法学部卒業 1989年弁護士登録(東京弁護士会) 1993年~1996年ドイツ・フライブルク大学留学(法学修士)

(アマゾンを引くのは好きではありませんが) https://amzn.to/2K1Bla9

同じカテゴリの記事

2015年6月11日
【お勧め本】「子ども脱被ばく裁判」の弁護士が、ふくしまの親たちに送るメッセージ
2015年6月1日
脱原発のための闘いと今後の展望(弁護士 只野靖)
2015年5月25日
【意見】原子力発電所事故による損害賠償制度の見直し始まる